修繕・新築工事

打放しコンクリート壁の建物を新築当時の美しさへ復元します。

光触媒による塗装やコーディングによる、建物のセルフクリーニングがおすすめです。

内装・外壁・天井 塗るだけで断熱・防音・結露・カビ・消臭効果があります。

インテリジェンスなエントランスの空間の足元を彩るタイルや大理石などの床工事はハイクオリティーなイメージを見せます。

修繕工事におけるポイントと注意点

・ 修繕工事は、建物の美観に捉われることなく、躯体の老朽化を防ぐことを優先に検討し補修部位に対する適切な材料と施工方法を定めることが大切です。
外壁等の劣化の進行は早く、早期に補修すれば容易に直るものも、時期が遅れると工事費が割高になるばかりではなく、補修が完全にできないこともあります。

・ 居住者の財産である建物の価値を維持・向上させることはもちろん、修繕工事の周期は10~15年とある程度決められているため、一般的にいう住みやすさへの改善も含め外装のみならずエントランスのオートロックシステムの採用や個別内装のリフォーム計画も検討に含めたほうが良いでしょう。

Copyright (C) 有限会社小松防水工業. All Rights Reserved.